不動産売却とつなぎ融資の活用法

つなぎ融資というのは、注文住宅を購入するときに、家が完成して住宅ローンを借りられるまでの間、着手金や中間金を支払うためのお金を低い金利で一時的に借りるものとして利用されています。しかし、家売る時における「つなぎ融資」は、これとは少し意味が異なります。

家を住み替えるとき、買いを先行させるか、売りを先行させるかという問題があります。先に不動産売却をして、前のローンを完済してから次の住宅を購入するのならば、つなぎ融資は必要ありません。しかし、買い先行の場合や、購入と売却を同時に行う場合には、前のローンを完済できず、新しい家のローンが組めないということが起こります。あるいは、ローンの完済はできるが、新しいローンの頭金が用意できないというときに利用することもあります。

つなぎ融資を利用するためには、まずは不動産会社に査定を依頼して、融資を受けられるかどうかを確認する必要があります。査定金額の全額が必ず借りられるというわけでもなく、70%程度までしか借りられないこともあります。

つなぎ融資には、手数料がかかることや、住宅ローンよりは高い金利を支払うことなど、デメリットもあります。しかし、売りを先行させると、引越し代や一時的に住む家の家賃がかかります。一時的に住む家が実家ならば、デメリットは少なくできますので、売りを先行させたほうがよいかもしれません。メリットとデメリットを比較して、売り先行と買い先行のどちらをとるかを決めるのがよいでしょう。

何時までOK?プロミスの提携atmの利用時間帯

手元に現金がないときに、突然に出費が必要になったら、たちまち困ってしまいます。
親やきょうだいには声をかけにくいものですし、そんなとき、消費者金融は大変に頼りになる存在です。
とりわけ、消費者金融の世界での実績や人気度の高さで、プロミスの借り方は非常に広範な人々から信頼されています。
昨今では、atmでの受取や返済ができるようになっていますので、利便性の点でも一層高まっています。
プロミスが提供しているatm以外にも、銀行やコンビニとの提携atmも全国各地に設置されています。
同社提供のatmは、土曜であっても日曜であってもまた祝日でも、7:00~24:00となっています。
手数料は無料で使用できます。
ただ、深夜や早朝には使えませんし、また、同社提供のatmは台数が限られています。
そこで、提携atmが役に立ちます。
銀行やコンビニのatmでもお金を引き出したり、返済したりすることができます。
24時間、自分の好きなタイミングで使えるatmは、三井住友銀行、セブン銀行、ローソン、イーネットの各atmです。
お金が必要になるときというのは、いつなんどきやってくるかわかいません。
そういった意味でも、24時間対応というのは大きな安心材料になります。
ただし、毎週月曜日の0:00~7:00の間はメンテナンスをしておりますので、利用することができません。
ちなみに、三井住友銀行の提携atmは、24時間、手数料無料でキャッシングが可能です。
他の銀行やコンビニのatmは、それぞれ個別に利用時間や手数料が決められています。

借入の審査を受けたときの体験談

初めてキャッシングの審査を受けたのは20歳のころでした。
勤続年数は2年しかありませんでしたが、問題なく借入することができました。
ネット上には勤続年数は3年以上ないと厳しいといったコメントが多くありますが、実際には半年程度在籍していれば借りられる業者は多いようです。
初めて借入するときは、自分で希望額は指定せずにあえて消費者金融のスタッフの方に決めてもらいました。
自分に合った金額をお願いしますと話したら、30万円の限度額が設定されました。
最初は10万円借りることを希望しようと考えていたのですが、業者任せにして希望額を設定してもらったほうが確実だと考えたのです。
審査は窓口で受けたのですが、要した時間は非常に早くて20分くらいでした。
その後は簡単な書類に必要事項を記入し、その場で融資を受けることができました。
想像していたよりずっと簡単に借入できたので驚いたほどです。

その場で30万円を借りて財布にお金を入れましたが、後日になってキャッシングは日割で利息が発生することを知りました。
高額融資を受けた状態だと利息も大きくなるので、使わない分は消費者金融のカード口座に入金しておきました。
30万円の限度額が設定されましたが、必要額は5万円程度だったので、残りの25万円はそのままカードに入れたのです。
借りた5万円は翌月に一括返済したので、利息は非常に低く抑えられました。
キャッシングは借入した金額、そして日数で利息が決まってくるので、少し借りて早めに完済するのが得策でしょう。

今すぐ金利の低い銀行でキャッシング出来る

消費者金融の代名詞と言えば「即日融資」でしょう。初めて消費者金融が認知され始めたころ、保証人・担保不要で契約できる上に即日融資が可能という事は非常に大きな魅力に感じられた人も多いと思います。現在ではカードローン自体の認知が広まり、カードローン会社自体も増えてきているので即日融資は普通になっています。

キャシング契約をする時には「金利が低い」と言うことが大きな魅力になります。それだけで返済が楽になる・完済できる可能性が高くなると言ったメリットがあるので、少しでもリスクを減らしてカードローンを利用しようと思うのであれば絶対的に重視しなければいけないポイントです。

一般的に言って、消費者金融系のカードローンよりも銀行系カードローンの方が金利が低めに設定されています。と言うことは、銀行系カードローンこそ利用するべきだと思ってしまうところですが、即日融資を希望する人にとっては利用できない状況も増えてしまいます。現状では銀行カードローンは即日融資に対応していないものが多く、早くとも融資までに数日程度かかってしまうことがあります。

しかし、大手銀行系カードローンの中には、低金利で利用出来る上に即日融資も可能、口座開設も不要で利用出来るカードローンがあります。こういったものであれば全国のどこからでも申し込みをすることが出来、消費者金融系のカードローンよりも大幅にアドバンテージのある環境で利用することが出来ます。

アコムの申込み方法は?

キャッシングを始めるには最初の手続きは申込みで、アコムには状況に応じていろいろな申し込み方法があり、申込み方法はインターネットを使った申込み、店頭窓口を使った申し込み、むじんくん(無人契約機)を使った申し込み、電話での申込みがあり、それぞれに特徴がありますがいずれの場合も前もって本人確認書にあたる運転免許証や健康保険証を事前に準備しておくことが必要になります。

インターネットを使ったweb契約は携帯やスマホ、パソコンから24時間365日いつでも申し込みが出来るので時間がない方にとっては便利な申し込み方法と言えますし、平日14:00までに審査を終える事が出来れば即自分の口座に振り込みをしてもらえますし、即日キャッシングを希望される方はフリーダイヤルを使った電話での申込みもあります。

店頭窓口を使った契約は、担当者と相談しながら契約をしますので不安や疑問点などを解消しながら契約ができ、契約が終わればカードを発行してもらい現金を引き出す事も出来ます。

むじんくん(無人契約機)を使った契約は、音声ガイダンスにそってタッチパネルの操作を順次進めていき、途中わからないことが有ればオペレーターに聞くことができるので安心して契約をする事が出来ますし、部屋はブースで仕切られていますので人目を気にしないで契約ができます。契約が終わればカードの発行が有るのでそれを使ってお金を引き出すことが出来ます。

インターネットを使ったweb契約方法で携帯やスマホ、パソコンからいつでも申し込みが出来る方法が現在主流になってきています。