ファクタリングの良い担当営業選びのポイント!

ファクタリング会社は大きく3種類に分類することができます。まず銀行やその子会社、貸金業者など金融系企業によって設立されたものがあります。このタイプには売掛債権を一括して買い取るものや、診療報酬を専門に買い取るものなどが存在します。次に大手企業が自社との取引の決済を行うために設立するものがあります。売掛債権の一括売掛金買取の他に保証も行っています。主に取引先企業によって利用されます。
金融系企業や大手企業以外の会社が設立する独立したファクタリング会社も存在します。償還請求権のあるファクタリング契約は売掛債権の債務者が破綻した場合に譲渡人の責任が問われます。独立したファクタリング会社では主に償還請求権のない売掛債権の一括買い取りを行っています。診療報酬を取扱う場合も存在します。
効果的にファクタリングを行うためには希望の買い取り条件に合致した会社を選ぶ必要がありますが、良い営業担当の存在も重要な確認事項です。営業担当が手数料や費用、顧客のニーズに合わせたサービスを的確に提示しているかどうかでその会社の信頼性を判断できます。また契約内容の説明だけでなく、署名や押印が必要となる書類に関する説明も重要です。営業担当にはどのような理由で署名や押印を求めるのか説明する義務があります。さらに営業担当から事務所で契約作業を行うことを断られる場合も存在します。現在では多くのファクタリング会社が活動していますが、信頼できる会社を見つけるためには慎重な確認が必要です。