不動産売却とつなぎ融資の活用法

つなぎ融資というのは、注文住宅を購入するときに、家が完成して住宅ローンを借りられるまでの間、着手金や中間金を支払うためのお金を低い金利で一時的に借りるものとして利用されています。しかし、家売る時における「つなぎ融資」は、これとは少し意味が異なります。

家を住み替えるとき、買いを先行させるか、売りを先行させるかという問題があります。先に不動産売却をして、前のローンを完済してから次の住宅を購入するのならば、つなぎ融資は必要ありません。しかし、買い先行の場合や、購入と売却を同時に行う場合には、前のローンを完済できず、新しい家のローンが組めないということが起こります。あるいは、ローンの完済はできるが、新しいローンの頭金が用意できないというときに利用することもあります。

つなぎ融資を利用するためには、まずは不動産会社に査定を依頼して、融資を受けられるかどうかを確認する必要があります。査定金額の全額が必ず借りられるというわけでもなく、70%程度までしか借りられないこともあります。

つなぎ融資には、手数料がかかることや、住宅ローンよりは高い金利を支払うことなど、デメリットもあります。しかし、売りを先行させると、引越し代や一時的に住む家の家賃がかかります。一時的に住む家が実家ならば、デメリットは少なくできますので、売りを先行させたほうがよいかもしれません。メリットとデメリットを比較して、売り先行と買い先行のどちらをとるかを決めるのがよいでしょう。